最新記事一覧

上智新聞電子版

起業家上智生にインタビュー 「MIKIKOいけばな教室/東京セルフネイルサロン」

就活のために資格を取る、語学留学に行く、インターンシップに参加する…。多くの大学生にとって就活は、将来のことを考える上で最も身近な話題だ。そんな中で、あえて就活ではなく「起業」という選択肢を選んだ上智生がいる。
「就職してからの起業ではなく、学生起業をしたかった」そう語るのは、御茶ノ水駅からほど近いところで「MIKIKOいけばな教室/東京セルフネイルサロン」を経営するMIKIKOさん(文史4)だ。
MIKIKOさんはカナダの高校を卒業後、本学史学科に入学する前にカナダの大学に在籍していた。そこでビジネスのコースを専攻していたことが、起業を志したきっかけだ。「友達にも起業している人が多くいて、憧れがあった」と話すMIKIKOさん。もともと史学にも興味があったことから本学では史学科に入学したが、その後もビジネスに関する開講科目は意識的に受けるようにしていたという。2年生の時には大学の授業と両立させながら夜間学校に通い、ヘアメイクとメイクアップアーティストの資格を取得した。
いけばな教室とネイルサロンという不思議な取り合わせで営業しているこの店のコンセプトは「可愛くなりたい人が、今すぐ可愛くなれる場所」。新御茶ノ水駅・小川町駅A7出口より徒歩0分という好立地にあるこの場所では、MIKIKOさんおすすめの紅茶やお菓子を楽しんだり、好きな音楽を流してもらったりしながらいけばなやセルフネイルを体験できる。内装にもこだわり、ピンクを基調とした可愛い空間だ。フリーWiFiも完備している。

MIKIKOいけばな教室


「MIKIKOいけばな教室」では、草月流いけばな師範であり、毎年高島屋にて行われる草月流いけばな展への出展や、アートイベントSICF19・原宿デザインフェスタギャラリーでの展示の開催・東京ドーム関連のいけばな体験イベントも行っているMIKIKOさんのレッスンを受けられる。
教室生が自分のライフスタイルに合わせられるよう、テキストを中心として学ぶコースや3回のレッスンで完結するコース等、カリキュラムも複数用意されている。今回はテキストを中心として学ぶコースを記者が実際に体験した。
はじめにMIKIKOさんからホワイトボードを使った授業形式でテキストの解説を受け、その後実践に移った。
花器に水を汲み、剣山を入れる段階から自分で準備。花鋏の使い方を教わり、いよいよ花をいける。実際にやってみると想像していたよりも難しい。それぞれ違った形をしている花を、バランスを見ながらいけなければならない。また剣山に花を差す作業は、いけばなの華やかなイメージとは裏腹に力がいる。「枝物をいける時は花鋏で少し切れ目を入れると差しやすいです」などとMIKIKOさんのアドバイスをもらいながらなんとか完成させることができた。


最後に完成した作品の講評を受ける。「草月流の型をおさえた作品で非常にまとまりが良いです。後ろが少し寂しいので、枝を足すと奥行が出て更に良くなると思います」というコメントをもらった。
教室で使った花は持ち帰り、家でもう一度いけることができる。

東京セルフネイルサロン
一般的なネイルサロンといえばネイリストに個別に施術を行ってもらうスタイルのものが想像される。しかしMIKIKOさんが運営する東京セルフネイルサロンは、店内に設置されているネイルベースや硬化機、ネイルチップを自分で自由に利用してネイルを完成させる、”セルフネイル”を売りにしている。
東京セルフネイルサロンでは、店内にある100種類のネイルカラーと350種類のネイルパーツをはじめの30分750円、以降15分ごとに280円で好きなだけ使用することができる。ちなみに、店内に置かれているネイルベースはサンディング(自爪を削ってジェルネイルを落とす作業)の必要がないものもあり、爪に負担をかけずにジェルネイルを楽しむことができる。セルフネイルというスタイルを売りにしている当サロンだが、施術中はMIKIKOさんからネイルのイメージやオススメのネイルチップに関するアドバイスを受けられるため、ジェルネイル初体験の記者も30分でネイルを完成させることができた。


ジェルネイルは、従来のネイルサロンで行う場合通常1万円前後の料金がかかる。学生には手が出しにくい価格帯だ。また、飲食店や学習塾などネイルが禁止されている職場でアルバイトしている学生も多く、ネイルがしたくてもできないという学生は少なくない。こうした制約がある人も気軽にネイルを楽しめるお店があれば、というMIKIKOさん自身の願いからこのサロンは生まれた。「普段ネイルをすることが難しい環境にいる方でもデートや旅行など特別なイベントがあるときに利用してほしい。」とMIKIKOさんは話す。お手頃な価格帯以外にも、「可愛くなりたい人が、今すぐ可愛くなれる場所」というこのサロン全体のコンセプトが随所に表れている。トイレには河合さんセレクトのあらゆるメイク道具がセットされている。お店のレイアウトは、「お客様がリラックスできるように」という意向からネイルの施術時に御茶ノ水の街を一望できるつくりになっている。
このように、起業家というビジネスマンとしての顔を持つMIKIKOさんだが、彼女のホスピタリティは並大抵なものではない。


最後にMIKIKOさんに起業した理由について聞くと、「様々な人の意見を取り入れられるという学生起業の強みを活かしたかった」と語った。
四谷から中央線で一駅の御茶ノ水駅から徒歩7分程度でアクセスできるこのお店は、本学の学生であれば空きコマに利用することも可能だ。「可愛くなりたい」と思った時はMIKIKOさんのサロンを訪れてみではどうだろうか。

 

(齋藤由季花、山田みう)

2019年10月10日

東京トガリくんにインタビュー!

 

本紙10月号でインタビューに答えてくれた東京トガリくん。紙面では載せられなかった、インタビューの残りを特別に上智新聞WEBで公開する。

■好きな食べものは何ですか

おサカナと、おかしです! すきなおサカナは、イカと、イクラと、うなぎと、サンマとしめさばも大すきです! おかしは、うまいぼと、あまいのと、しょぱいのと、からいおかしも、大すきです!

 

■トガリくんお気に入りの場所はどこですか?

ご近じょの、こうえんと、おさんぽみちです!

りゆうは、ときどき、知らない人から、「あ、トガリくん! いつもツイター見てるよ!」て言われたり、おともだちのネコくんもいて、いしょに、あそんだりできるからです!

■新聞を読むのは好きですか?

テレビのよていが、全ぶ書いてあて、おもしろい4コママンガもあて、映画かんのじょうほうものてて、いいによいもするから、大すきです!

 

■上智新聞を読んでみてどう思いましたか?

4コママンガがあて、いいによいがして、じょうち大学のヒミツもいぱい書いてあて、おもしろかたです!

「新ぶんきしゃぼしゅう中」のお知らせも書いてあたから、ちょとこんど、ぼくも新ぶんきしゃになて、カコよくインタビュしたり、新はつばいの、おかしのじょうほうを書いてみたいです。

■四ツ谷に来るのは初めてですか?

ときどき、でんしゃで、とおたことがあたけど、来たのは、はじめてです!

おとさんに「『よつやかいだん』で、ゆうめいなばしょだよ」て、おしえてもらたから、ちょとかえりに、よつやかいだんに行て、かいだんの1ばん上まで、のぼてみたいです!

■よつやかいだんの「かいだんは」昇り降りする「階段」ではなくて、怖い話の方の「怪談」ですね!怖い話は平気ですか?

平気です! テレビの「ほんとにあたこわい話」と、いな川じゅんじのこわい話も大すきだけど、ちょとまだ、映画の「ゾンビ」と「バタリヤン」は、ぜたいにこわそうだから、見たことないから、こんど、がんばて見てみたいです。

 

■トガリくんが10月にしてみたいことはありますか?

10月になたら、3才になるから、お兄ちゃんだから、ちょとむずかしそうな映画を、さいごまで、いねむりしないで見たり、かん字いぱいの本をよんだり、あとは、ピクニクと山のぼりと、サンマも、いぱいたべたいです!

■トガリくんが書ける中で一番得意な漢字は何ですか?

「東京」です。りゆうは、ぼくの、みよじだからです!

 

■東京以外の場所で、好きな場所はありますか?

おばあちゃんがすんでる、ほかいどです! おおさかも、タコやきがおいしいから、大すきです!

■上智大学の中でお気に入りの場所は見つかりましたか?

エレベータにのて、おく上にのぼたら、新宿の見たことあるビルいぱいと、とおくに、ぼくのすんでる中野の、中野サンプラザも見えて、下を見たら、クルマと歩いてる人と、みんな全ぶが、ちちゃく見えて、おなかの下がキュてなて、おもしろかたです!

あとは、レストランのカレライスが、いいによいがして、おいしそうだたから、こんど来る時は、おく上まで、かいだんでのぼてから、おなかペコペコにして、レストランで、げきからのカレライスとジンジャエールをたのんで、たべてみたいです!

 

(安達理沙、山田みう)

(撮影:横山遼太)

2019年9月27日

話題の「ランチごち」を体験

5月から始まった本学の全学同窓会である「上智大学ソフィア会」主催の「ランチごち」。上場企業のマネジメントやリーダーとして活躍する本学卒業生に、ランチをごちそうになりながら話をする企画だ。今回は局員3人で企画立案者でもある株式会社イーグルコンサルティングの奥原淳氏(81法法卒)の「ランチごち」に参加し、話を聞いた。

 

「ランチごち」はどのようにして生まれましたか?

奥原氏「私自身、卒業してから上智に縁がありませんでしたが、2年ほど前からソフィア会と交流を始めました。ソフィア会は本来、OB同士の交流だけでなく現役学生の皆さんを手助けすることも目的としていますが、これまでは『就職座談会』など対象が一部の学生の企画が主でした。そこでより多くの学生に役立つ企画はないかと考えたところ、第一線で活躍するOBOGがボランティアで学生とランチをしてキャリア選択などの話をする『ランチごち』という企画を思いつきました」

 

学生にどう活用してほしいですか?

奥原氏「学年や目的は関係ありません。就職のためだけでなく、将来のキャリアに関する相談も多いです。ただコネクションを作るためだけに利用するのはやめてほしいですね」

ランチごちは今後もリニューアルし、定期的に開催される予定。現時点で9月までは開催が予定されている。なお、申し込み時に面談希望者の名前の書き忘れなどの記入ミスをし、ランチごちに参加できていない人もいるので、記入漏れにはご注意を。

 

記者の目

第一線で活躍するビジネスマンに2時間以上、将来の不安や悩みを聞いてもらう機会など滅多にないため非常に貴重な体験だった。(通常は1.5時間程)大人との会食は緊張することだが、面談者は全員ソフィアンなので臆することなく申し込んでもらいたい。

ソフィア会ホームページでのランチごちの案内と申し込みサイトURLは次のとおり。

http://www.sophiakai.gr.jp/news/event/2019/2019041201.html

 

(田中有香)

 

2019年8月10日

学生時代に世界一周! 上智卒風景写真家・GOTO AKIさんの「好きな仕事をして生きる」

 

本学経済学部経営学科1995年卒業の風景写真家・GOTO AKIさんによる個展「terra」が品川キヤノンギャラリーSにて3月4日まで開催されている。そのほとんどの作品が日本国内の誰でもいける場所で撮られたという。美麗なその作品たちは抽象画のようなアート作品の要素を持つが、写されているのは紛れもなく現実の風景だ。写された風景たちはその裏に潜む「地球の鼓動」というストーリーで紡がれている。GOTOさんは従来の風景写真の価値観を崩し、新たな手法で風景を再構築して表現し、風景写真に新しい風をもたらした。その原点はなんなのか。学生時代から今の撮影スタイルまでを聞いた。(星野雄飛)

 

「世界一周の旅から写真の道へ」

小学生の頃、ジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』を読み「世界一周」に関心を持ったGOTOさん。本学在学中に沢木耕太郎のエッセイ『深夜特急』を読んで、子供の頃からの夢であった世界への旅を具体的なものとしてイメージできるようになったという。入学時は留学への憧れを抱いていたが次第に薄れ、世界一周へ旅立つことを決意。大学4年生の夏、世界一周へ出発した。

旅中、GOTOさんはサハラ砂漠で7歳年上の日本人カメラマンと出会った。「ボロい服装にボサボサの髪ながらキラキラとしていた目が印象的だった」とGOTOさん。就職して大企業の会社員となった大学の先輩達とは何かが違う。この出会いはGOTOさんにとって衝撃だった。大学では出会えなかった「好きな仕事をして生きる人」に感銘を受けた瞬間だ。

帰国後、総合商社の丸紅株式会社に入社。東南アジアなどで天然ガスパイプの輸送ルートの調査など、現場で活躍した。空き時間にはカメラ片手に街を歩き現地の様子を写真に記録した。まだネットの通信速度が遅い時代で、実際の写真は現地を知る有益な方法であったため、会社、ときには国土交通省や外務省からも「写真付きレポート」を求められたという。

責任のある仕事を任されながらも、写真で生きて行きたい気持ちが消えず、わずか3年でGOTOさんは商社マンとしての人生を終えることにした。

退職後、世界一周の際に旅人との交流で知った東京綜合写真専門学校に入学した。「アート漬け、スナップ写真漬けの2年間を過ごして、一瞬、そして偶然を切り取る感覚を養った」。専門学校卒業後は、フリーランスのカメラマンとして雑誌などの仕事を行う一方、自身の「写真作家」としてのテーマが悩みだっだ。

2005年頃、これまで歩んで来た道程の総決算が「風景写真家 GOTOAKI」を自然発生させた。世界一周に始まり、商社時代に至るまでに身についた地球的身体距離と異邦人の視点から日本を見つめる視線。専門学生時代に身につけたスナップショットの感覚とアートの感覚。そして、ネガとHDDに眠る写真群を見返すことで徐々に見えて来た自分と風景とのシンパシー。この三つが結びつき、試行錯誤の上で一つの形に出来上がったものがこの個展「terra」だという。

 

「点ではなくて面で捉える」

作品制作の上で重要な写真を撮る「視点」に今も大きな影響を残すのが、本学学生時代に経験した8ヶ月間の世界一周だ。「世界をバスや鉄道で移動したので、地球の大きさや距離感が体に染み込み、場所を点ではなくより大きな面という範囲で捉えるようになった」とGOTOさんは語る。日本の風景をモチーフとした本展は、特定の点としての場所ではなく、その周囲を含めた面としての撮影地をイメージしている。では、地球の一部としての捉えた時に日本はどう映るのだろう?

「日本は世界の陸地のたった0.25%の面積しかありませんが、世界の火山のうち7%もが集まっている火山密集国です。日本は火山でできていると言っても過言ではなく、地球の表情をテーマとした時、日本中にある火山とその周辺が、自然的に主たるモチーフとして表れました」。GOTOさんは、季節や天候に左右されずに、そこにあるがままの光景を「光・時間・色・造形・音・気温・匂い・風」といった要素にまず解体する。それらを自分の視点で再構築して作品に昇華するという。本展を鑑賞すると、決めつけない写真たちが鑑賞者に様々な捉え方を許すことに気づくだろう。

写真はその人の全てを写すとよく言われるが、「terra」にはまさにGOTOさんの人生が詰まっている。世界一周、ビジネスマン時代、専門学校時代、職業カメラマン中心の時代と一見バラバラにも見える過程だが、「GOTO AKI」という写真家の中ではこれらが相互に共鳴し合い、有機的に繋がっている。これらのどれ一つを除いても現在のGOTOさんとその作品たちは生まれなかった。人とは異なった人生の歩み方が風景写真の新たな表現を開拓したのである。

GOTO AKIさんと個展の美しい作品たち

美麗な作品たちの中に佇むGOTO AKIさん

 

「在校生へ」

最後にGOTOさんから学生に向けてのメッセージ。「デジタルネイティブ世代の若者にはいかにアナログを取り入れるかを大事にしてほしい。写真展はアナログなもの。わざわざ時間とお金をかけてやることには意味がある。写真展という空間の提供は人同士の出会いを生む。出会いは人に『バイブレーション』を発生させ、自分にも相手にも『衝動』を生む。衝動は自分の世界を広げてくれる」。

在校生の中には自分の大学生活に満足できていない人もいるかもしれない。その理由はさまざまだろうが、自分がやってきたことやこれから挑戦していく経験に無駄なものはないとGOTOさんは教えてくれた。まさに、この個展は卒業生のGOTOAKIが上智生に与えてくださった「衝動」そのものであった。

2019年2月25日

上智の謎サークル~貧乏旅行部に迫る~

みなさんは本学に貧乏旅行部というサークルがあるのをご存知だろうか?

名前からも分かるように、このサークルは普通の旅行サークルではない。と言うより旅行サークルと言ってよいのか分からない。

今回はそんな貧乏旅行部の代表・岡本滉太さん(文哲2)と部員の荻原桃夏さん(経済2)、小山哲夫さん(文哲2)、山内杜人(経済2)に話を聞いた。

 

 

Q貧乏旅行部の活動内容とは?

荻原「お金をかけずに旅行するのが本来の活動。ただ実際は部員全員が参加を強制されるものではなく、各々が好きな時に好きな場所へ旅行に行っている」

岡本「貧乏旅行部の活動の一つにお金をかけない飲み会がある。最近も4軒のお店を回って合計金額が一人あたり2500円だった」と自慢げに話した。

お金をかけない方法としては他に本学近郊の外堀公園を利用する方法があり、その際の代金は一人あたり500円程度だという。また、飲み会も旅行と同様に自由参加で行われる。集め方も定まっておらず、口頭やtwitterで呼びかけるなどさまざま。それもあって飲み会の参加率は全体の20%程度だという。

 

Q貧乏旅行部に入る条件は?

岡本「貧乏であることが入部の条件。ただ貧乏の明確な定義は無い。その時財布の中にお金が無いことや、着ている服が安いことなど、なにか一つ貧乏であることを示せれば、それで条件は満たされる」

貧乏であればだれでも入れるのがこのサークルの魅力の一つだ。

 

Q貧乏旅行部に所属する皆さんの貧乏エピソードを教えてください

小山「(リュックから青りんごを一つ取り出し)これが僕の昼ご飯です(笑)」
山内「家の水と電気を止められたことがある」
さらに荻原さんは小岩に住んでいるという。

 

貧乏旅行部は飲み会の席で部員数3人から始まり、その自由な精神性に共感した人が多く参加し、創部から一年あまりで部員数は68人に増えた。今後の展望について山内さんは「一度は全員で旅行に行きたい」と語った。貧乏でも明るく生きる貧乏旅行部のみなさんを見ていると元気が出てくる気がした。

2018年12月25日

聖書がボードゲームに!? ~製作元のキリスト新聞社に迫る~

 

聖書の登場人物たちをカードに戦う野球ゲームがある。その名も『バイブルリーグ』。製作元は戦後間もない1946年から発行を続ける由緒ある新聞社、キリスト新聞だ。これまでの伝統的なキリスト教教育は若者が興味を持ちづらい状態にあった。本学のキリスト教人間学でも講義の時間を睡眠時間に充てている学生が多く、例外ではないだろう。キリスト新聞社代表取締役社長で編集長の松谷信司さんはそんな現状を打破しようと多くの試みを行ってきた。ゲーム性の高さと情報の正確さを兼ね備えた本格的なボードゲームやスマホゲームの開発、サブカルチャーをふんだんに取り入れた新聞製作などである。「聖」なる夜に、楽しみながらキリスト教のディープな知識に触れてみるのはどうか。

(記者:髙瀬詩穂美 デスク:岩﨑結衣 撮影:小林郁人)

 

<中見出し一覧>
・ゲームについて

・ラノベにプリキュア? キリスト新聞とは

・「教える側が工夫しないのは職務怠慢ですよ」 大学も

・おまけ 「スマホゲーム」も含めた全7種類のゲームリスト

 

 

■ゲームについて

 

『バイブルリーグ』は1打席ごとにナンバーカードを出し合う野球ボードゲームだ。点数に関係なく勝敗が決まる「最後の審判」などのルールも交えながら、聖書の登場人物に楽しく触れることができる。「アダムとイブの露出度が高すぎるとのクレームも入りました。むしろ服を着せたら聖書に忠実じゃなくなっちゃうんですけどね」。松谷さんは苦笑しながら、新しい試みには多方面からの反発も多いと話す。問題のカードには、右手に林檎を持ち左手の巨大なグローブで身体の一部を隠している全裸のイブ(エバ)が描かれている。カードの効果は「相手打者が【男】なら、投力+1」、該当する聖書の箇所は創世記3章6節の「女は実をとって食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた」という部分だ。この1節は信者ならば知らない者はいないような定番の聖書箇所で、キリスト教の信者数を考えれば世界的な教養ともいえる。カードの効果やキャラクターの立ち絵は、すべて聖書をもとに作られている。

 

野球ボードゲーム『バイブルリーグ』

 

キリスト教に関する歴史の知識を深められるゲームもある。ボードゲーム『ルターの宗教大改革』では、プレイヤーはいかに自身の「正統度」や「改革度」を高めて宗教改革を成功させられるかを競い合う。例えば「公開討論」を怠っていると、「ドイツ農民戦争」の局面で最も「正統度」の低いプレイヤーが「異端」としてダメージを受ける。また「宗教改革者」側だけでなく、免罪符を発行して宗教改革のきっかけとなったローマ教皇「ルイ10世」としてもプレイ可能だ。宗教改革の知識がまったくなくても、自分がまるで歴史上の重要人物だったかのように楽しみながら学べる本格ゲームである。

 


『ルターの宗教大改革』

 

キリスト新聞社は、1人で遊べるスマホ用アプリゲームも含めて現在までに計7種類製作している。ゲームのリストは記事末尾に掲載した。

 

 

■ラノベにプリキュア? キリスト新聞って何者

 

キリスト新聞社はゲームの制作だけでなく、聖書ラノベ新人賞の開催や新聞紙面をタブロイド版横書きカラー印刷にするなど大胆な改革を進めている。タブロイド版になってからの紙面では顔となる1面に大きく初代プリキュアがカラーで掲載されるなどインパクトも強い。これは2018年10月21日発行の、プリキュアとコラボしてフィリピンのサマール地区に体験型の図書室を設置しようというクラウドファンディング企画を取り上げた号だ。

キリスト教系の発行物として異色なのはサブカルチャーとの近さだけではない。歴代ローマ教皇およびローマ教皇庁は、2000年近い歴史の中で同性愛を聖書で禁じられた行為として認めてこなかった。昨年5月にフランシスコ現教皇が同性愛者の男性に対して、「創造主があなたをそのように作った」と肯定する言葉を個人的にかけてニュースになったが、いまだに教皇庁の公式見解としては是認されていない。だがそんなキリスト教の世界でも聖職者による小児者への性的虐待やセクシュアルハラスメント、性的マイノリティーの神父や牧師や信者がどうしていくかといったセンシティブなことが問題になっている。そこで松谷さんは未成年者虐待に対する教皇庁の対応や、同性愛をカミングアウトした牧師のエッセイをレビューする記事なども積極的に掲載している。「なぜそのような問題を取り上げるのか、宣教に支障が出るなどの理由で教会から苦情も来るが、まずその意識を変えなければ駄目」と松谷さん。キリスト新聞はともすれば内部で隠蔽されがちな問題から目を逸らさず、考えていこうとする役割も担おうとしている。

 

そもそもキリスト新聞は教会やキリスト教系学校など業界向けのメディアだった。とはいえ創刊当時から「教派に捉われずキリスト自身を伝えようという姿勢があった」と松谷さんは言う。現在でも特定の教派に偏らない超教派的なスタンスは変わらないが、より大きな境界線を越えて他宗教である仏教やイスラム教の関係者も連載執筆陣となっていたり、カルト的な新興宗教に関する問題を取り上げたりもしている。「紙面をリニューアルした後、内部向けからより広く一般的な読者層にも読んでもらえるよう微妙に方針転換をした」と松谷さんは話した。

 
 

■「教える側が工夫しないのは職務怠慢ですよ」大学も

 

しかし、歴史ある新聞社でまだ若く革新的な松谷さんが代表取締役となるまでに一体何があったのか。

現在キリスト新聞の制作陣はたった数人だ。大学卒業後テレビ朝日系制作会社、小学校教員と2度転職してキリスト新聞に入社したという松谷さん。「さすがに3度目の転職はないと思って辞めようと考えたことはありません。代表取締役も、先達が辞めていく中で他にやる人がいないから仕方なく、という面が強いです」。予想外の回答だ。就任当初から強い改革の意思があったわけではなかった。だが「やるからには」とキリスト新聞および日本におけるキリスト教の現状を真剣に考えるようになった。

松谷さんは宣教の現状に危機感を抱いている。「キリスト教系の学校は日本全国に何百とある。例えばプロテスタントの小学校から大学までを合わせた年間卒業者数は約8万人。一方、日本のキリスト教信者数は長く人口全体の1%未満のまま。これだけ多くの人がキリスト教に触れていてなぜ教会に足が向かないのか。日本に宗教は根付かないと言われる風土も関係しているかもしれないが、これは伝え方に問題があるだろうと」。この問題意識から、自身も好きな漫画やゲーム、ライトノベルなどのサブカルチャーを取り入れた活動を始めた。本学史学科の学生・SONOさんがキリスト新聞紙上で3年間にわたって連載した漫画『教派擬人化マンガ ピューリたん』、聖書ラノベ新人賞などはその一例だ。

大学などが行っているキリスト教教育についてどう考えるか。松谷さんは「伝道と教育は違うかもしれないが、伝える側の工夫は不可欠。牧師や神父が学校の礼拝でも教会での説教とまったく同じように話したり、聖書を読み聞かせているだけでは誰も聞かなくて当然です。教会の説教者ならそれで通用するかもしれませんが、学校の教員だったら職務怠慢になりますよ」と意見した。

「幼児向けのぬり絵とか、反対に小難しい聖書入門とかはもうあふれるほどある。でも、ちょうど学生が面白いと思えるようなものがなかった」。改革を始めてまだ数年、手応えを聞くと「採算面ではわからないが、認知度は間違いなく上がった」とにやりと笑った。

 


タブロイド判『Kirishin』とゲームを手に微笑む松谷信司代表取締役社長

 

 

◇おまけ 「スマホゲーム」も含めた全7種類のゲームリスト◇

<カードゲーム&ボードゲーム>

『バイブルハンター』(全3部作)

『最後の晩餐~裏切り者は誰だ』(聖書版人狼)

『バイブルリーグ』

『ロストバイブル』

『ルターの宗教大改革』

<スマホ用アプリゲーム>

『モーセの海割り』

『教派擬人化学園 ピューリたん~チャペルにあつまれっ!』

 

2018年12月24日

上南戦『ここが見どころ!』

【アメリカンフットボール部】ここが見どころ!

7月6日10時30分から富士通スタジアム川崎にて行われるアメリカンフットボールの試合について本学アメリカンフットボール部主将の中野雄大さん(法法4)に話を聞いた。
 

見どころ

アメフトは激しくぶつかり合う競技、と語る中野さん。一方で情報戦、頭脳戦の競技でもあり、その二面性が魅力だという。特に今回注目な選手はオフェンスラインの津田さん。高校からアメフトをプレーしており、頭脳プレーが得意だという。上南戦は春から入ってきた新入生の力を試す場でもあるそうで、フレッシュで力のある新入生のプレーにも注目だと語った

意気込み

「絶対に勝って、上南戦を盛り上げる」と中野さん。昨年は勝利したが、今回も勝ちにこだわる姿勢は崩さない。4年生や、新しく入った新入生のプレーにも期待していると話した。

【陸上部】ここが見どころ!

7月6日の10:00~14:45に鴻巣市陸上競技場で陸上部の試合が行われる。陸上部副将の青木選手に取材した。

 

見どころ

上南戦へと着実に士気を高めている陸上部。選手それぞれが競技へ向けて練習を重ねているなか、同部副将の青木選手は注目の選手だ。青木さんは1、2年生のうちは怪我に苦しんだものの、昨年の冬から練習を積み、3年生になると初めて関東大会に出場。陸上部主将の大木勇人選手(○○)は「彼は今調子が上がって来ている。今年こそ1位を期待したい」と期待をこめた。また、投てき種目など専門とする選手がいない競技については、毎年上級生が責任を持って全うしているという。どの競技からも目が離せない。

 

意気込み

「もちろん勝つことは一番の目標。陸上部が大差で勝ったから上智に勝ちが加わるわけではないが、まずは(陸上部が)勝つことだと思う」と熱いコメント。続けて「おととしは2点の僅差で負けたが、昨年はその経験を活かして気を引き締め、勝つことができた。今年も勝利を受け継いでいきたい」と、勝ちにこだわる姿勢を見せた。       (澤頭立起)

【準硬式野球部】ここが見どころ!

7月6日10時から上智短大秦野グラウンド野球場で行われる準硬式野球部の試合に向けて、本学準硬式野球部主将の鈴木泰地さん(総教3)に話を聞いた。

 

見どころ

1番から5番の選手は長打が打てるという。鈴木さんは「特に1番の山崎選手は初回出塁率が高く、ホームランが打てる注目の選手だ。また、今回の上南戦が引退試合となっているキャッチャーの大井選手のプレイにも注目してみてほしい。」と話した。

意気込み

「昨年の試合が雨のため中止になってしまったため、南山大学の実力がどれほどのものなのか分からないが、今まで通りやってきたことを出し切って打ち勝ちたい。」と鈴木さんは語った。

【バドミントン部】ここが見どころ!

7月6日15時から本学第3体育館で行われるバドミントン(男女)の試合に向けて、本

学バドミントン部主将の井上涼介さん(法国3)に話を聞いた。

 

 見どころ

バドミントンの魅力を、スピードが速く、攻め守りが入れ替わるところ、と語る井上さ

ん。同じ競技でも、シングルは長いラリー、ダブルスはスピード感、といったようにそれぞれ見どころが違うという。注目の選手については、男子では波に乗ったら強い山下さん、女子では一番の実力者である安部さんの名前を挙げた。

 意気込み

「男女アベックで上智総合優勝に貢献したい。男子はここ数年勝ちつづけているので今年も例年通りの調子をみせたい。女子は今まで五年間勝てていないため、今年こそは、勝利をつかみたい。」と語った。

【応援団】ここが見どころ!

上南戦を盛り上げる上で欠かせない存在である応援団。今回は、応援団部長の芥川伊織さん(文国4)と、応援団吹奏楽部部長の村本佳奈さん(外西4)に話を聞いた。

 

応援団は普段の活動は部活の応援だけではない。学校行事や地域懇親会へ参加し、演舞を披露することもある。

上南戦に向けて、「応援団が直接勝敗に関わることはないが、まずは開会式のパフォーマンスで大会全体の士気を高めたい」と意気込む芥川さん。「試合が接戦になった時、ギリギリで勝つと自分たちの応援が選手に届いたように感じる。選手の背中を押したい」と頼もしい笑顔を見せた。

今年は11名という小規模編成で上南戦に挑む応援団吹奏楽部。村本さんによると、応援団吹奏楽の強みは何といってもその迫力だという。「小規模でも迫力のある演奏をし、試合に華を添えたい。応援団は試合中、選手にとても近いところにいる。観戦のついでに見てもらえると嬉しい」と話した。