女子勝利、男子惜敗〈洋弓部〉

上南戦2日目の7月6日、真田堀グラウンド野球場にて洋弓部の試合が行われた。男子は3470-3506で惜しくも上智が敗れた。一方女子は2369-2171で勝利し、2連勝を果たした。今年は男女共に勝利を収めることはできなかったが、試合は終始活気のある温かい雰囲気に満ちていた。

10個並べて設置された的に向かって選手が一斉に矢を放つ。試合は50mと30mの位置から打つ形式で、3射ずつ両チームが2セット行い、合計6射することを繰り返す。1セットの制限時間は決められており、その中で集中していかに高得点を狙えるかが勝敗を分けるカギとなる。

50mでは本学の反町文珠香選手(総看2)が282、30mでは326で清水梨央選手(総グ3)が高得点者となり、トータルでは反町選手が606という高スコアを叩き出した。

試合後男子主将の森谷瞭選手(理機4)は、「負けてしまったが、楽しく試合ができた。結果はまだまだなので、個人ごとに練習していきたい。」と試合を振り返った。また、「老若男女関係なく楽しめる」のが魅力だと話し、「長い試合の中で集中力を保つのが大切」と語った。女子主将の河野琳香選手(外ポ3)は「勝つことができたが、課題はまだある」として、「関東リーグ2部から1部に行きたい」と今後の目標を話した。(藤岡未有生)