物質生命理工学科・近藤准教授に聞くノーベル化学賞

 2020年のノーベル化学賞に選出されたエマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・ダウドナによるゲノム編集の研究について、本学理工学部物質生命理工学科の近藤次郎准教授に話を聞いた。

 今回ノーベル化学賞受賞が決まった研究は、遺伝情報が書き込まれたゲノムの一部分を細菌の免疫の仕組みを利用して切断し、修復や改変を行う「ゲノム編集」という技術に関連したものだ。「この研究で確立されたクリスパー・キャスシステムという方法は従来のゲノム編集よりも簡単かつ確実なのが特徴」と近藤准教授は話す。

 シャルパンティエとダウドナの研究について近藤准教授は「ゲノム編集というと目に見えないので不安に感じる人もいるかもしれないが、10億分の1㍍ほどの世界でごく小さなタンパク質のはさみでゲノムの一部を切断するDNAの手術のようなものだ。ゲノム編集は遺伝子組み換えと混同されがちだが、今回の研究は遺伝子組み換えとは全く異なるもの。人為的に他の遺伝子を組み込む遺伝子組み換えとは違い、遺伝子の自己修復機能にクローズアップしている」と説明する。筋肉をつくる情報が書き込まれたDNAを編集した肉付きのよい魚や、栄養価の高い野菜など、食品に関しては既に日本でも販売が可能だという。

 今後の生命科学研究に与える影響について、近藤准教授は「研究の幅が大きく広がるだろう。例えば基礎研究でDNAと病気の関係が詳しく解明されるのに使われるだろう。応用面では、ウイルスでできたカプセルにタンパク質のはさみを入れたものを手術の代わりに体内に注射し、がんなどの治療が可能になる。すでに動物実験は成功しており、将来的には様々な病気の治療にも応用されるだろう」と期待した。

 ゲノム編集の研究に関する生命倫理の問題には「ゲノム編集は肉眼では見ることができない。研究者自身もメカニズムの説明が求められるが、過度の忌避も可能性を閉ざすことにつながる。色々な価値観から議論を進めることが重要だ」と話した。

(五十嵐まい)