【応援団】ここが見どころ!

上南戦を盛り上げる上で欠かせない存在である応援団。今回は、応援団部長の芥川伊織さん(文国4)と、応援団吹奏楽部部長の村本佳奈さん(外西4)に話を聞いた。

 

応援団は普段の活動は部活の応援だけではない。学校行事や地域懇親会へ参加し、演舞を披露することもある。

上南戦に向けて、「応援団が直接勝敗に関わることはないが、まずは開会式のパフォーマンスで大会全体の士気を高めたい」と意気込む芥川さん。「試合が接戦になった時、ギリギリで勝つと自分たちの応援が選手に届いたように感じる。選手の背中を押したい」と頼もしい笑顔を見せた。

今年は11名という小規模編成で上南戦に挑む応援団吹奏楽部。村本さんによると、応援団吹奏楽の強みは何といってもその迫力だという。「小規模でも迫力のある演奏をし、試合に華を添えたい。応援団は試合中、選手にとても近いところにいる。観戦のついでに見てもらえると嬉しい」と話した。

2019年7月7日