【ワンダーフォーゲル】ここが見どころ!

 6月23日、24日に三重県御座所岳で行われたワンダーフォーゲル部の相互交流について、本学ワンダーフォーゲル部主将の池谷幸将さん(総教3)に話を聞いた。

魅力

ワンダーフォーゲルは勝ち負けを付ける競技ではない。本学と南山大学ではそもそも専門が異なり、本学は登山、南山大学はクライミングを専門としている。昨年は本学側が登る山域を決めた。登山は大学からでもはじめやすく、自然の雄大さを感じられるスポーツだ。1人では危険な登山だが、部員で協力して困難を乗り越えたあとの景色は至福だ。1人ではできないことができ、1人では味わえない喜びを味わえることが魅力」と池谷さんは話した。

意気込み

「相互交流でお互いを刺激し合いたい。去年は上智側の会場だったため南山側と登山の奥深さを共有できた。今年は反対にクライミングを中心に交流を図る。互いに持っていないものを体験し助け合うことが出来ればいいと思う」

(島貫幹)